胸骨が無い息子の母ちゃんブログ

2017年に生まれた息子には、生まれつき胸骨がありません。『胸骨裂』『PHACE症候群』という病気です。病気のこと、育児、その他ブログについて書いてます。

離乳食教室へGO!そして衝撃!つぶつぶスタートや!

f:id:manmaru441:20180326113504p:plain

 

離乳食教室行った!!

私を含めて8人くらいのグループになって栄養士さんのお話を聞いた。

 

まず最初に自己紹介をさせられた。

離乳食はスタートしたかしてないかそれぞれ話した。

皆同じ2017年9月生まれの生後5~6ヶ月の赤ちゃんを持つママなんだけど、離乳食スタートしていない子やスタートしてもうすぐ2ヶ月なりますって子もいた。

中にはもう卵黄あげました!やパン粥あげようと思ってます!ってママもいた。

離乳食スタートしてるしてないに関係なく、おすわりしている子や、寝返りまだの子もいた。

 

個性って面白い。

ほんと、みんな違ってみんないい、だね。

 

で、そんな離乳食教室。

衝撃満載だったので、備忘録の箇条書き。

 

 

f:id:manmaru441:20180324202002j:image

 

離乳食はじめて1か月〜2か月の離乳食は、粗刻みOK。

野菜はみじん切りを柔らかく茹で、少しツブツブ残る程度にすり鉢でする。

舌で潰せる柔らかさにする。

ケチャップ程度のペーストに柔らかいツブツブあるイメージ。

最初は、 今までのペースト状に粗刻みしてすり鉢したものを混ぜて与えるといいかも。

 

まず、見本の離乳食に衝撃を受けた。

え、こんなつぶつぶでいいの?

そこにいたママ達は皆が「えっ・・・?」て顔していた。

 

お粥は、大人が風邪の時食べるようなイメージの柔らかさ。

もったりとした柔らかいお粥だった。

野菜も舌で潰せる柔らかさ。ケチャップ位のもったり具合。

 

私の作る離乳食はというと、

 

f:id:manmaru441:20180322175853j:plain

 

こんなん。

 

柔らかく茹でて、ミキサーで一発!はい、完成!って感じのトロトロペースト状。

 

これじゃぁ、ミキサー卒業だな…

覚悟した。

 

 あとは

・便秘気味の時は大根やカブなどを与えると良い。うんちが出やすくなる。

・メニューに困ったら、自分達のご飯を離乳食にした場合、どう食べさせるか考える。例えばグラタンなら、おかゆとミルクを合わせてブロッコリーをトッピング。

・嫌いなものと好きなものを組み合わせると食べやすくなる。

・シラスや鯛などはトロトロ状のものに合わせると食べやすい。お粥など。

・離乳食は食べるだけあげて大丈夫。でもたまに自分食べすぎてる事に気付かない子もいる。

・離乳食はじめは、トロトロペースト。ごっくんできるようになったら、ペタペタのペースト。段階的に進める。これを離乳食開始1~2ヶ月の間にゆっくり行っていく。

・嫌いなものも食べさせる。ちゃんと用意する。

・親が食べるところを見せる。大げさにモグモグと口を動かし、見せる。

 

記憶に残ってるお話はこのくらい。

 

ということで、早速。私も作った。

 

 

f:id:manmaru441:20180326112340j:plain

 

お粥をすり鉢で少しすった。

これを今まで食べさせててまだ冷凍庫に眠っているトロトロ10倍粥と混ぜて食べさせよう。

 

 

f:id:manmaru441:20180326112459j:plain

 

人参もこれをすり鉢ですったものを食べさせよう。

 

よし、早速やってみよう。