離乳食を投げられた時の掛け声かんがえてみた

f:id:manmaru441:20180605222849j:image

離乳食つらーい!!

ほんとヤダ~まじツラ~まじ卍~(卍使いたかっただけ

現在、8ヶ月の息子は、食べることに慣れてきたと思ったら、毎日まいにち離乳食をぶん投げるようになった。

スプーンを奪られるれ、ブンッ!
器奪われて突っ込んで、こちらチラ見してブンッ!

 

もうなんなのーー!!

 

 

▼投げられないように試してみたこと

毎回毎回、離乳食を投げつけられる。
私が何か悪いのでは・・・!?と思い、対策を考えた。

1:離乳食を食べさせるタイミングを変えてみた。

朝の離乳食は、私の朝食を終えてから、息子へ離乳食を食べさせる流れにしていた。
もしや、食事の時間を一緒にし、私が食べる姿を見せたら良いのでは!?
と思い、一緒に食べるようにした。
結果、モグモグをする姿は以前より増えた気がした。
が、離乳食を投げつける行為の改善には至らなかった。残念。

2:メニューの改善

もしや、離乳食が不味いのか!?メニューに飽きた!?
たしかに、メニューのレパートリーは少なかった。
早速、人気の離乳食本を買った。
レパートリーの多さに驚いた・・・!
もっと早く買っておけばよかったよ・・・。
早速、かぼちゃと絹豆腐を軽く和えるという簡単なものから作ってみた!
息子にとっては新メニューとだけあって、パクパク食べた!やった!
と思ったのもその日だけ。
翌日からは離乳食ぶん投げ再開いたしました。

でも新しいメニューは刺激になって良いのかも・・・ふむふむ。

▼離乳食を投げる理由

てことで解決策は無く、町の保健師さんに聞いてみたり、インターネットで調べてみました。
するとどうやら、離乳食を投げる行動には、いくつか理由があるらしい。

・飽きた。遊びたい
・何コレ触りたい
・ママかまってほしい、見てほしい

そしてどうやら、離乳食で遊んだり、手を突っ込む行動は正常な発達らしいです。
ママにとっちゃいい加減にしてくれ~という感じだけどね。

新メニューは、味に飽きると食べたくない!と抗議することもあるので、どんどんやってOKとのこと。
そりゃ人間だもんね、毎日野菜スープじゃ飽きるよね・・・(すまぬw

そして同じく、生後8ヶ月位になると離乳食を食べない、または投げられる!といった悩みを持つママが多いことも分かりました。

な~んだ、私だけじゃないじゃ~ん

いや、でもイラつく。
なんとかならのか! 

▼いっそ見方を変えてみる 

そこで、いい掛け声を思いついた。
きっとママも、少しクスッと笑えるようになるかも?

・その1:離乳食をぶん投げられたとき

ブンッ!

「ナイスピッチングー!!」

いいね~今日もいい腕してるね~と続けてみると、なお良し! 

・その2:器に手を突っ込まれたとき

グジャ・・・

「タララッタ、タタタ♪タララッタ、タタタ♪はい、今日も始まりました3分クッキングのお時間です」

 

・その3:離乳食を拒否されたとき

口を閉ざす子供を目の前にして、

「ひらけーーーごま!!」

 

▼まとめ

どうやら、解決策は無いっぽい。

もー開き直るしかないってことだよね!!

 

がんばりましょーー。