【生後10ヶ月】息子がRSウイルスになった!経過と症状まとめ

f:id:manmaru441:20180808122359p:image

  

ぬぉおおーーーー!!!!

 

先週、息子がRSウイルスなった。

はじめての高熱。体調不良。

母テンパりまくりの焦りまくり。

 

だいぶ治ってきたので、我が家にきたRSウイルス君のお話を書きます。

 

奴はホント、しぶといぞ。

 

 

7月26日 皮膚科へ

朝から息子を皮膚科へ連れて行った。

そしたら午後から、私が鼻水じゅるじゅる。

おかしいぞ・・・と感じつつ、ランチを楽しんだ。

 

7月29日 発熱

 

息子の様子がなんだかおかしい。

 

 

旦那が休みの日曜日。
夜に熱が上がってはヤバイと思い、

夕方に急患センターへ連れて行った。

 

急患センターへ行こう!と判断した理由はこんなかんじ↓

 

 

行く途中の車内で大量に嘔吐。

チャイルドシートは池になった。

急患センターに着き、熱計ったら37.7度!

なにぃ!下がってる!

結果、「風邪」という診断でした。

薬を抗生物質1日分と解熱剤を2回分もらって帰りました。

 

※急患センターでは、休日(土日)または夜間に使用する分しか薬は処方しないとのこと!あとはかかりつけ医で診てもらってねって感じだったよ!

 

7月30日 RSウイルス発覚!体調悪さMAX

 翌朝、やっぱり体調が悪そうでグッタリしている息子。 

ほんとに風邪かな?という母の直感もあり、かかりつけの小児科を受診!

 

 

RSウイルスでした。

 

RSウイルスとは・・・

・RSウイルスの感染による呼吸器の感染症です。

・RSウイルスには有効な抗ウイルス剤がなく対症治療(症状をやわらげる治療)、重症化した場合には、酸素投与、補液(点滴)、呼吸管理が行われます。

・発熱、鼻水などの症状が数日続きます。多くは軽症で済みますが、咳がひどくなる、「ゼーゼー、ヒューヒュー」という喘鳴を伴った呼吸困難が出るなどの症状が出現した場合は、細気管支炎、肺炎へと進展することがあり注意が必要です。

・潜伏期間は2~8日、典型的には4~6日です。初めて感染する乳幼児の約7割は、数日のうちに軽快しますが、約3割は咳が悪化し、喘鳴、呼吸困難症状などが出現します。

引用:RSウイルス感染症とは?|知っておきたい!家庭の感染と予防|サラヤ株式会社 家庭用製品情報

 

夕方、あんまりにも咳と鼻水ひどくて、素人目から見て「これは入院レベルなのでは・・・?」と思った。

病院連れてっていったらいいのか悩んで、#8000に電話してみた。

 

こんなアドバイスもらった!

 

RSウイルスは即効性の薬が無い!

今は様子を見ていくことしかできない!

看病がんばろう!

そう決意。

 

病院行ったらいいのかどうか、判断難しいよね~~!

 

7月31日 少し回復

お、私の看病のおかげで(コラ)、少し回復!

離乳食も、いつもの半分くらい食べた。

いいぞいいぞこの調子!

 

8月2日 体調悪化

なんだかまた体調悪化・・・!?

本人ぐったり。

朝から鼻水と咳がスゴイ。

 

 ↓これ全然つかえなかったよ(爆)

▼使えなかった理由
・鼻に入れると暴れる
・鼻水が奥にあったので、そこまで吸引する部分が届かない
・吸う力が弱い

 

この鼻水吸い器は、鼻の出口に近い場所にある鼻水なら取れる
ほんとに体調悪いグジュグジュの鼻水は難しいみたいね。
 
電動の鼻水吸う機械ほんと買えばよかったと後悔・・・
 

鼻水はジュルジュルでひどいんだけど、ミルクは少し飲んだ!

でも、咳して一緒に出てきちゃった。マーライオン・・・。

 

いったん良くなったと思ったのに~~!

 

そして、そんな日にかぎって、かかりつけの小児科が休診日!!

仕方なく、タクシーで総合病院へ。

病院つくとなんだか元気・・・?あれれ?

採血とレントゲンを撮って、診断結果は気管支炎だった!

脱水は大丈夫そうだったけど、

・おしっこの出が悪い
・食欲が落ちている

との理由から点滴してもらった!

 

総合病院、初診で紹介状なしだったから5000円かかった。つら。

 

8月3日 鼻水と咳だけがひどい

本人は元気!

でも、鼻水がズルズルしてて、たまに咳するくらいまで落ち着いた!

 

8月4日 鼻水と咳だけがひどい

本人は元気!

でも、鼻水と咳がひどい!

かかりつけの小児科へ行って吸引と吸入してもらった!

鼻がスッキリしたのか、帰宅早々、爆睡はじめたよ。

 

夜眠れてなかったのかな?

 

8月6日 鼻水だけひどい

回復~~~~!!

鼻水じゅるじゅるしてるけど、咳もほとんどしなくなった~!

 

 

看病に役立ったもの

RSウイルスなって看病に役立ったもの№,1はスポイトです。

 

 

哺乳瓶で水分を取りたがらないときでも、口からチューーっと入れてあげるとグビグビ飲んだ!

夜中に寝てるときも、唇を濡らしてあげたりもできた!

子どもが体調悪くて、水分取りたがらないときはスポイトめっちゃ使える!

ちなみに、このスポイトは、以前、薬局でシロップの薬と一緒にもらったやつ!

取っておいてよかったーーーー!